2020
07.28

「とつげき!舞台裏」⑧日本の夏~前編~

とつげき!舞台裏

 

こんにちは、佐藤です。

イベントの様子を”できるまで”と共にお届け。とつげき!舞台裏。

 

ジメジメとした天気が続いてなかなか気分が上がりません。

雨が降っていて、でも気温が高くて。この日もそんなお天気でしたが、ごしき3階はいつもと様子がちょっと違っていました。

半分に割った竹を慣れた手つきで磨いている職員の姿。

さて、一体何を作っているのでしょうか?

そう!流しそうめんです!

今回この流しそうめんを企画した山崎さん。この日の為に軽トラで山に行って竹を伐採してきたそうです。

 

「今の時期、外に出かけたりできなくて。ユニットでのイベントもなかなかできてなかったので、何かやりたいなあと思って企画しました。」

 

長さ3メートル以上ある竹を山から降ろすのに斜面を2往復。家に持ち帰り割って研磨し丁寧に磨かれた竹と、車いすの高さを考えて作ったという支柱を組み合わせていきます。

 

果たしてうまく水は流れるのか…!?

最初は水があふれてしまったものの微調整を繰り返し、とうとう成功!

水の流れる様子を見ていたらなんだか涼しくなってきました。

 

「天ぷらも揚げようかなって。目の前で揚げることができれば、皆さん食欲も沸くかなと思うんですよね。」

 

そう言って取り出したのはしっかり作られたお品書き!そのクオリティの高さに驚きました!

聞くところによると山崎さんはこういった小道具を作るのがとてもお上手だそうです。

「やっぱりこういうイベントは自分も楽しまないとなので!笑」

 

実はこの前日、3階のご利用者様がパライソの菜園で野菜を収穫されていました。

「こんな所があるなんて知らなかったわ。すごいね。」

と、お話されながら収穫した野菜はこのためだったんですね!

(ポケットにもこっそり)

 

 

…続きは後編で!

 

——————————————————————————————————

新型コロナウイルスに関する感染拡大予防対策についてはこちら
オンライン面会についてはこちらこちら
パライソ2021年度採用情報についてはこちら

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。