2020
06.12

「P-Snap」②伝えたい想いは絵手紙に乗せて

今日のパライソ

 

こんにちは、佐藤です。

 

梅雨に入りましたね。雨もさることながら気温が高くなって一気に夏を感じはじめました。もうアイスが止まりません。1日1個食べないと気がすまなくなってきました…。

 

そんな蒸し暑さの中でも一際爽やかさを感じるお部屋があります。

これまでも何度かブログでご紹介していますが、絵手紙がとってもお上手なご利用者様がいらっしゃるんです!

 

壁に貼られた絵手紙が風にゆらゆらと揺れていて、お部屋を伺う度に明るく爽やかな気持ちになります。

 

四季を感じる様々なモチーフが描かれ、そこにはそれぞれ詩が添えられています。

いわき市美術展覧会に応募し入賞されたこともあるそう。ご家族様に自分が元気に過ごしていることを伝えるために書いて送っていたそうですが、それだけには留まらず現在までに百枚以上書かれているとか。

 

机の周りはまるでアトリエのよう。水彩絵の具のほのかな香りが感じられる空間はこの方ならではです。

 

ここからは詩も含め、個人的にぐっときたものをピックアップしてご紹介していきます。

これらの絵のほとんどは頭の中に浮かんだものを描いているというので驚きです…!

” となりのじいちゃん 松茸見つけてえびす顔

おくさんよろこび お福さん

さてさてこれをなんとしよう うふうふふ… ”

 

すごく情景が浮かびます!

最後の「うふうふふ…」にご利用者様の人柄も表れていて温かい気持ちになります。

 

” 一日頑張って働いて終れば楽しみが待っている うふふ ”

あふれんばかりのビールの泡とねぎま。こちらも刺さる方多いのではないでしょうか!

 

” 楽しみ 苦しみ 五分五分ならば 我が人生もんくなし ”

鮮やかな林檎と柿に力強い文字。こんな風に思えるようになりたいです。

 

ひとつひとつ見ていくと、くすっと笑えるものからじんわり心が温かくなるもの、人生における学びまで。その方が歩んでこられた人生が見えてくるようで、何時間でも眺めていられます。

 

これからも楽しみにしております!!!またご紹介していきますね。

 

 

 

——————————————————————————————————

新型コロナウイルスに関する感染拡大予防対策についてはこちら
パライソ2021年度採用情報についてはこちら

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。