2020
03.14

3月14日のパライソ

今日のパライソ

当施設では、介護職員・看護職員対象の勉強会『パライソカレッジ』が毎週月・水・金曜日に行われます📝

月曜日は看護についての知識を学び、水曜日と金曜日は介護についての知識を学びます。

 

この日(3月4日)は介護コースが行われ、ベッドからの起き上がりについて学びました🛏

講師は当ブログでもお馴染みの人材育成担当の方々で、職員一人一人に懇切丁寧に教えてくださいます。

最初に入居者様や介助者にとって負担とならない起こし方の手順とはどのようなものか説明を受け、その後に参加職員が起こす側・起こされる側になって実践する形式で行われました。

 

今回は起こし方の内容について少しだけ紹介します。

 

◎膝を曲げる、両腕を体の上で組む、顔を上げることでベッドとの接地面積が少なくなり、それほど力を入れることなくベッド上での体の移動や、体位交換が行いやすくなります。

 

◎入居者様にとって麻痺側ではなく健側の方を向いていただくことで残存機能を活かし、ベッドの手すりを掴んだり自分の力で上半身をある程度起こしたりでき、介助者の負担も軽減されます。

 

この他にも、介助前に入居者様の手の握力や押す力の確認、ベッドから起き上がる前の入居者様の足の位置(健側の足で麻痺側の足を組む)など、留意すべき点について様々な説明がありました。

新人職員だけでなく、先輩職員にとっても復習や新しい発見もあり、この勉強会は職員のスキル向上として大きな意味があると思います🙂

 

今後、看護コースについての内容もお知らせする予定です。

 

 

 


 

 

パライソ法人概要はこちらから。

法人概要

 

パライソ2021年度新卒採用情報はこちら

採用情報

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。