2021
01.04

「理事長通信」1月 とことん基礎。

理事長通信

月一で発信する会社からのメッセージをまとめています。会社として大切にしている考え、思い、今後の方向性などなど、職員全員に共有しておきたいことを発信します。

 

あけまして、おめでとうございます。

 

2021年最初の理事長通信。テーマは基礎の重要性です。
昨年10月のテーマと同じですが、基礎ができているかどうかが仕事をする上で肝になる所でもありますので、新年最初に、改めて意識をしていただきたくお伝えさせていただきます。

 

基礎がなぜ大事か。10月には一流になるために。とお伝えしました。その通りです。ただその時とは違う切り口でお伝えします。

 

改めて、基礎がなぜ大事か。口だけな人間にならないためです。
人は夢を語ります。それ自体はとても素晴らしいことで、素敵なことです。ただそれに実働がともなっていないと、その夢は途端に陳腐なものに成り下がってしまいます。
例えば、ある少年は将来短距離走でオリンピックに出場して金メダルを取りたいという夢がある。素晴らしいことですね。ぜひ頑張ってもらいたい。ですが一方で、じゃあそのために何をしていますかと問われた時、毎日練習をしているわけでもない。人一倍の走り込みもしておらず、食事も気にしてもない、なにか意識を変えるべく本に知恵を求めるわけでもない。要するに人並な努力しかしていない。という現実を見て、周りはその夢を信じるでしょうか、応援してくれるでしょうか、実現すると思うでしょうか。そんなことよりも当の本人は自分自身を信じれるでしょうか、これで良いと思えるでしょうか、胸を張って夢を目指し続けられるでしょうか。

 

夢を描くことは素晴らしいし、素敵なことです。ですが、それを実現させるための行動がセットであるということは当然、忘れてはいけないことです。

 

それと基礎、どう繋がるか。仕事をする上でも夢があります。やりたいことがあります。我々であればお年寄りの方々に、園児たちに、ご家族様に対して、やりたいことがあります。それはとても素晴らしいし、ぜひ実現してもらいたい。ですが、基礎である、毎日の変わらない、変えてはいけない介護ケア、保育が疎かになっては本末転倒。そこが完ぺきにできた上での夢です。基礎が出来ずして夢だけ語っていても、前記したオリンピックを目指す少年と変わりません。

 

ですから、その基礎をとことん磨いてください。ここに終わりはありません。プロが基礎練習を怠らないのと一緒で、我々にも終わりはないのです。出来たとしても磨き終わることはありません。

 

基礎を磨き続けると同時に、夢も実現させるために動く。必然的に同時並行です。簡単ではありません。ですから個人としての能力の向上は必要不可欠でしょう。大変です。ですがくどいようですが、基礎をおろそかにしてその先はありえません。お客様への我々の存在意義はありません。ただ一方でそんな大変なことだからやりがいがあるのです。本当の意味で心から楽しい。

 

ですからこの「基礎を磨く」改めて新年の心新たな時に、再度重要なこととして、意識していただきたいと思います。

共に素晴らしい仕事をしてまいりましょう。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。