2020
11.01

11月1日のパライソ

今日のパライソ

今日から11月、霜月ですね。 『霜月』の由来は幾つかありますが、新暦の11月は旧暦だと11月下旬から1月上旬頃に当たるため、その名の通り『寒さが増して霜が降りる月』からきた説が有力です。

気象庁によると、今年の冬は去年より寒くなるらしいので、コロナだけでなくインフルエンザも心配です。

 

さて、昨日予告しましたとおり、10月30日(金)の午後に催されましたハロウィンイベントのパライソサンクスでの様子を一部お伝えします🎃

※パライソごしきや午前中の様子は別記事で紹介されると思います。

 

15時頃、パライソサンクスにハロウィンの仮装をした各ユニットのリーダーが、入居者様にチョコを配りに訪れました。

 

サンクスの入居者様方も例年通り仮装して、チョコを受け取りました。

入居者の皆様は、見慣れない方たちの登場に目を丸くして驚かれたり、甘いチョコを頬張られたりして、大変楽しまれた様子でした🙂

 

【おまけ1】

翌日の31日(土)、前日お昼寝などの理由で不参加だったり仮装できなかったりされた入居者様のため、再度記念撮影を行いました📸

基本的に15時台に離床されている入居者様は、現在サンクス29名のうち10名前後なもので😓

写真は後日現像致しますね。

 

【おまけ2】

31日のハロウィン当日の昼食です。

ハロウィンらしくカボチャ料理の数々が並んでおります。

~チキンとカボチャのピラフ~

~パンプキンスープ~

~カブとアサリのスープ煮~

~ピクルス~

~パンプキンプリン~

 

入居者様は「カボチャ美味しいね」と舌鼓を打たれておりました。

 

【おまけ3】

ハロウィン当日の夜空に浮かぶ満月です。快晴でよく見えました。

ハロウィンと満月が重なるのは46年ぶりのことだそうです。今年は狼男のコスプレが多そうな気がします。

また、1か月に2度目の満月のことを『ブルームーン』と呼び、さらに今年地球から最も離れる満月のため、大きさも若干小さく見えるそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

【おまけ4】

30日のハロウィンイベント時、パライソサンクス1Fエレベーター前で逆ドッキリを仕掛けるため待機して、降りてくるユニットリーダーの皆さんをお出迎えしました(音量注意)

例年のように、エンジェルやアネラの園児の皆さんが来られないからこそ今回実行することができました。

希望通りのリアクションをありがとうございました!

えぇ、そうですとも。ドラマでも映画でも小説でも、驚かしたり騙したり罠に嵌めたりする人物が逆に嵌め返されるのは大好物ですよ。

過剰なドッキリは嫌いですが、逆ドッキリは大好きですよ🤭

 

 

 

 

ちなみに、ユニットリーダーの皆さんが目撃した物の一部はこちらです。上半分は御想像にお任せします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。