社会福祉法人 五彩会(パライソグループ)

福島県いわき市で介護・保育の事なら社会福祉法人 五彩会(パライソグループ)

お問合せ
サービスについて
アクセス
採用情報
今日のパライソ

令和6年6月25日のお食事

本日の昼食は…🥢

しらすと大葉の冷やしうどん💧

レバーの香味唐揚げ🐣

胡瓜と夏みかんの酢の物🥒🍊

ミルクゼリー🥛

本日のメインは「しらすと大葉の冷やしうどん」です❕

◎しらすには…

カルシウム:骨や歯を作る・血液凝固促進作用

たんぱく質:皮膚や髪の毛、血液などを作る

カリウム:体内の余分な水分・塩分を排出する  など

大葉には…

ビタミンC:美肌効果、風邪予防

カリウム:体内の余分な水分・塩分を排出する

食物繊維:腸内環境を整え、便通が良くなる

カルシウム:骨や歯を作る・血液凝固促進作用 などの栄養が含まれています。

暑い日にぴったりの冷やしうどんでした❕

具沢山で美味しかったです❕

レバーの香味唐揚げ

臭みがなく、しっかりとした味わいでした😊

胡瓜と夏みかんの酢の物

夏みかんの甘みがいいアクセントになり、美味しかったです🥒🍊

ミルクゼリー

さっぱりとした甘さが口の中に広がりました🥛

また、今月6日には食事委員会が行われました。

今回のテーマは

リクライニング移乗時の食堂までの誘導を声掛けなしに行われた場合の体験

スタッフが立ったまま斜め上から食事介助の体験」 です。

リクライニング移乗時の食堂までの誘導を声掛けなしに行われた場合の体験

感想

急に走り出したので怖かった。どこに行くのだろう、いつ止まるのだろうと不安があった。ブレーキをかけられた時に衝撃があった。

エプロンをかけられた際、首回りがきつく、締め付けられる感があった。

ギャッチアップ時、肘が90度に曲がり、お腹や腰が痛かったが、直して欲しいと言えなかった。

肩の圧迫感や背中の不快感もあり、このままご飯を食べるのは嫌だと思った。

正しい介助

背抜きの方法

スタッフが立ったまま斜め上から食事介助の体験

感想

食事前にこれから何を食べるのかの声掛けがなく、何を食べるのか分からないと食事の進みが悪くなると思った。

真横からスプーンが視界に入ってきたので恐怖に感じた。また、食べ物の認識がなかなかできなかった。

目をつぶり(全盲)の体験をしたが、隣に誰かがいる気配はわかるが不安はあった。

「ごっくんしてください」の声掛けと自分のペースが合わず、急かされている気持ちになった。

自分の名前を呼ばれないと自分への声掛けと認識することが難しいと思った。

次々と口に食事を入れられ、飲み込むまで時間がかかるためもう少し自分のペースで食事をさせて欲しいと思った。

自分のタイミングで咀嚼ができないと「うるさい」と言いたくなった。

飲み込みやすくするためにマッサージをしていたが、入居者様にとって自分のペースがあるのに勝手にされたらいやだろうなと思った。

正しい介助

今回の勉強会をもとに…

適した食事環境のもと美味しい食事の時間を提供できるように努めていきたいと思います✊

ありがとうございました。

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 7月12日のパライソ

  2. 令和6年7月12日のお食事

  3. パライソ農園だより

PAGE TOP